尾瀬で自然に癒されたい

尾瀬には癒しの場所が数多く存在します。
日頃のストレスを、尾瀬の大自然で解消して下さい。

混雑時の尾瀬は人が多く癒されることは難しいでしょう。
ミズバショウの時期(6月の第一週土日)やニッコウキスゲ(7月第二週土日)草紅葉(9月シルバーウィーク)は、かなり混雑します。
狙い目は8月です。人が少なく、尾瀬は快適ですよ。

天候によって癒され度はかなり変化します。
寒すぎる時期はやめましょう。予想以上に尾瀬は寒いです。
寒すぎると、尾瀬の癒しスポットには滞在できません。

森林が多いことでフィトンチットの成分により気持ちを落ち着かせることができます。
またマイナスイオンもたっぷりです。
尾瀬で森林浴をしてみませんか?

ガイドからのアドバイス

日帰りより尾瀬で泊まるほうがより癒されます。
尾瀬をのんびりと楽しむことができるからです。
また、人が少ないルートを選びましょう。
土日を避け、平日に来ることが出来れば、人はかなり少なくなります。

歩く速度は普段よりゆっくり目で。
ここだ!という場所には長めに滞在するようにしましょう。
尾瀬には癒される要素がたくさんあります。
汚染の少ない空気・たくさんの水分・豊富な植物など癒しの要素が満載です。

オススメコース

裏燧・温泉ルート
御池⇒燧裏林道⇒温泉小屋(宿泊)  往復
行程時間  一日目・二日目共に4時間(約6.5キロ)

このルートの癒しポイントは3つ。
美しい湿原と、樹林帯、そして温泉。
人の少ない燧裏林道を、のんびり歩きましょう。
歩いたあとの温泉はまた格別ですよ。
温泉小屋に宿泊することで、ゆっくりと尾瀬を楽しむことができます。

アヤメ平(富士見下)ルート
富士見下⇒富士見峠⇒アヤメ平  往復
行程時間  8時間(約12キロ)

人のいない尾瀬のマイナーコースをたっぷり歩こう。
人の少ないコースで癒しを手に入れます。
アヤメ平の素晴らしさは感動モノです。
オススメの時期は6月下旬。
お花畑のアヤメ平が見られますよ。

至仏山ルート
鳩待峠⇒至仏山  往復
行程時間  7時間(約9キロ)

至仏山のお花畑は絶好の癒しスポット。
鳩待峠からの往復なら、ものすごい急登はありません。
日帰りでも十分に往復できます。
(遅くとも朝8:00には登り始めたい。)
尾瀬のお花畑で癒しを味わって下さい。

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る