尾瀬のエコ活動について知りたい

自然保護の原点といえる尾瀬は、たくさんのエコに関する取り組みを行っています。
ゴミ持ち帰りは尾瀬で始まったんですよ。
尾瀬を歩くと、たくさんのエコ活動を知ることができます。
植生保護や、ゴミのリサイクル、トイレの処理など、エコに関する活動がいっぱいです。
山小屋に一泊すると、エコに関する取り組みが行われていることを実感できます。
ビジターセンターや、山小屋の人にもお話を聞いてみて下さい。

ガイドからのアドバイス

ガイドを頼み、エコについての解説を頼むのもひとつの手です。仕組みや尾瀬の取り組みを教えてくれます。

尾瀬ではごみの持ち帰り運動。
山小屋での石鹸・シャンプーの使用禁止。
トイレの処理など様々な取り組みが行われています。
より深く、尾瀬のエコ活動を学ぶことができますよ。
少しでも興味をもつことが、尾瀬の環境保全に繋がっていきます。

オススメコース

尾瀬沼ルート
沼山峠⇒尾瀬沼(一泊)・ビジターセンター  往復
行程時間  6時間(約6.6キロ)

尾瀬沼湖畔の山小屋に一泊します。
エコに関する取り組みや、仕組みが分かります。
山小屋の人にも聞いてみましょう。
夜はビジターセンターで、レクチャーがありますので参加してみましょう。
ちなみに、尾瀬沼湖畔での一泊は「尾瀬沼ヒュッテ」がオススメ。

東電小屋ルート
鳩待峠⇒山ノ鼻⇒牛首⇒ヨッピ橋⇒東電小屋  往復
行程時間  片道  6時間(約8.8キロ)

尾瀬ヶ原を歩き、東電小屋に一泊します。
東電の尾瀬で行なっている取り組みを知ることができます。
夜、尾瀬に関するレクチャーがあるので参加してみて下さい。 東電が尾瀬でどんなことをしているのか知るチャンスです。
ビシビシ厳しいツッコミを入れましょう。

マニアックルート
東電(尾瀬林業)が主催するツアーに申し込む。
かなり詳しくエコ活動について解説してくれます。
尾瀬からの招待状で検索してましょう。
東関東大震災後は開催していないようです。

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る