尾瀬で歴史や文化について知りたい

尾瀬の歴史や文化を知ってみませんか?
尾瀬のことに詳しくなれば、楽しさが何倍にもなります。
重要人物と直接会うことで、深い知識を得ることができます。
尾瀬の歴史を知っている方に出会うことが出来れば最高です。
尾瀬の認定ガイドとして働いている人には、尾瀬が国立公園の指定を受ける前や、木道が敷かれる前の尾瀬を知っている人がいます。
尾瀬認定ガイドにガイドをしてもらいましょう。
歴史をより詳しく知ることができます。

ガイドからのアドバイス

尾瀬と生活が密着している人に案内してもらうとよいでしょう。
檜枝岐村や片品村の古老にお話が聞ければ最高です。
体験談を直接聞くと、歴史の重みを感じますよ。
山小屋に泊まれば、ご主人なお話も聞けます。
山小屋のご主人も、尾瀬の歴史の生き字引の方が非常に多いです。
楽しくて、興味ふかい尾瀬の歴史について、教えてくれます。
地質や地形的な歴史は本でも調べることができます。

オススメコース

燧ヶ岳一周コース
沼山峠⇒尾瀬沼⇒沼尻⇒見晴(宿泊)⇒赤田代⇒燧裏林道⇒御池
行程時間  初日  8時間(約12キロ)  二日目  7時間(10km)

燧ヶ岳を一周しながら、尾瀬の歴史を感じます。
大江湿原でヤナギラン丘にお参りし、長蔵さん一家に思いを馳せます。
尾瀬の歴史で外せない平野長蔵さんです。
尾瀬沼の長蔵小屋で話を聞いてもいいでしょう。
燧裏林道は、檜枝岐村の生活の跡がたくさん残っています。
尾瀬ガイドを雇うと詳しく知ることができますよ。

大清水コース
大清水⇒一ノ瀬⇒三平峠⇒三平下  往復
行程時間  7時間(約10.4キロ)

鳩待峠が出来る前は、大清水が尾瀬の玄関口でした。
尾瀬の登山口の中で最も古い歴史を持ちます。
なんと1600年の関が原の合戦にまで遡ります。
物見小屋の方にお話を聞くと面白いですよ。
三平峠は、尾瀬の中では比較的登りがきついです。
昔のことを考えながらゆっくりと登りましょう。
*大清水はバスの本数が少ないです。しっかりと確認しましょ。

七入コース
七入⇒抱返の滝⇒沼山峠⇒バスで七入に戻り
行程時間  3時間(約4キロ)*バスの時間は含まず

七入から沼山峠を目指します。
このールートは、沼田街道の一部になっています。
七入山荘のご主人にガイドを頼むと、とても面白いです。
ブナ林の中をとても気持よく歩けます。
抱返の滝も非常に美しいです。

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る