チングルマ(稚児車)

  • 分類バラ科    ダイコンソウ属    多年草
  • 開花時期6月中旬7月上旬
  • 花言葉可憐
  • 大きさ高さ7cm〜15cm

詳しく解説

チングルマはバラ科のでありどこを食べていいか分からない。
数量 温暖化により生息場所は減少傾向にある。
尾瀬の中ではチングルマの変化は見られない。
お金 700円ほどで販売。
生態系 条件が整っていればチングルマは群生する。
尾瀬の沼尻などに群生している。
自然界のつながり 高山帯に生息し花は大きく目立つが、動物の餌にはあまりなっていないようである。
遺伝子について バラ科でありがすぐに穂になってしまう。
実生だと育つのに時間がかかる。
人との関わり チングルマの白い花がかわいらしく元気を与えてくれる。
環境保全のパロメーターや観光PRにも役立っている。
エピソード 花の時期より穂になっている時期が長いので、花を楽しめる時期はかなり限定されている。
楽しみの提案 チングルマの年輪を観察してみる。
細くても木である。ルーペは必須。
ユーモア 小さいけど木なので群生地はである。
知識 和名のチングルマは、花の形が子供の風車(かざぐるま)に見えたことから。
稚児車(ちごくるま)から転じてチングルマと付けられた。
とても稚児車には見えない気もするが・・・

草に見えるが木(落葉小低木)である。
小さくてもちゃんと年輪がある。

尾瀬においては、花もそうだが、花穂の時期も実に綺麗。
尾瀬でチングルマを探してみよう。

チングルマ  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る