シラネアオイ(白根葵)

  • 分類シラネアオイ科    シラネアオイ属    多年草
  • 開花時期6月上旬7月中旬
  • 花言葉優美・完全な美
  • 大きさ高さ30cm〜40cm

詳しく解説

シラネアオイの花は豪華で、食べるのを躊躇してしまう。
数量 日光白根に多い。全国的には減少傾向。
尾瀬では一部決まった所にのみ咲く。
お金 観賞用として人気があり一鉢2000円ぐらい。
比較的高価である。
生態系 シラネアオイは高山に生息し湿原には生息しない。
綺麗で目立つので採取され移植されていることもも結構ある。
尾瀬の山小屋の前に植えられているのをよく見る。
自然界のつながり 高地の登山道で発見され人を驚かせる。
シラネアオイは花が大きく、かなり目立つ。
遺伝子について 花のサイズが大きくて綺麗である。
白花から赤花、青花まで色の変化が見られる。
尾瀬に多いのは青紫色のシラネアオイ。
人との関わり シラネアオイは特に人気のある高山植物で盗掘が多い。
尾瀬の鳩待峠と山ノ鼻の間のシラネアオイは、ロープで囲ってある。
エピソード 尾瀬の山小屋によく植えられている。
綺麗だが、シラネアオイがワサワサ咲いていると、違和感を覚える。
楽しみの提案 シラネアオイの開花期間は意外と長く、楽しめる時期も長い。
ユーモア 「シラネアオイのように美しい」と言うと大概の女性は喜ぶ。
知識 いろいろ議論があったが日本固有種の1属1種であるとのこと。
名前の由来は日光白根山に多く、花がタチアオイに似ることからシラネアオイ(白根葵)と名づけられた。
別名で「山芙蓉(やまふよう)」、「春芙蓉(はるふよう)」ともいう。
本家の白根では減少傾向の植物。
日光白根のみに生えるわけではない。
尾瀬にも少数ながらシラネアオイは自生している。

シラネアオイは淡い青紫色の花を咲かせるが、花の色は色幅があり、白に近い色の花のこともある。
シラネアオイの花びらに見えるところは萼。
アジサイみたいなもん。

花言葉の「優美で完全なる美」はまさにシラネアオイ見たまんま。

シラネアオイ  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る