ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)

  • 分類アヤメ科    アヤメ属    多年草
  • 開花時期6月下旬7月下旬
  • 花言葉誠実
  • 大きさ高さ50cm〜60cm

詳しく解説

毒性があるとのこだが確かではない。
ヒオウギアヤメは食べずに鑑賞しよう。
数量 維持されているが、外来種に進入されている場所もある。
尾瀬は年によって当たり外れが大きい。
お金 ヒオウギアヤメの鉢は約1000円ほど。
寒さに強く、低地でも問題なく育てることができる。
生態系 尾瀬の湿原の中で条件が整ったところに群生する。
乾燥している場所は好まない。寒さには強い。
自然界のつながり ヒオウギアヤメは動物の餌にはなっていないようである。
遺伝子について 繁殖力はかなり強い。
ヒオウギアヤメは、アヤメより葉の幅が広い。
人との関わり 梅雨時に咲いてくれるので、春と夏のつなぎ目の役割をしてくれる。
尾瀬の湿原に紫がよく映える。
エピソード ヒオウギアヤメ・カキツバタ・ショウブはとても似ている。植物通の人は違いにこだわる。
楽しみの提案 微妙に違う、白い柄を観察する。
ユーモア 日当たりがよいところを好む。目立ちたがりやの人のようである。
知識 北海道、本州の中部以北に分布。湿原などに自生する。

ヒオウギアヤメは、葉の出方が檜扇(ヒオウギ=ヒノキの薄板を重ねた扇で、古くに宮中などで用いたもの)に似ることに由来する。
文仁親王妃紀子様のお印でもある。

カキツバタとよく似ている。
真ん中に白い部分があるのがヒオウギアヤメ。
尾瀬には両方あるので比べてみよう。

ヒオウギアヤメ  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る