サワラン(沢蘭)  別名  アサヒラン

  • 分類ラン科    サワラン属    多年草
  • 開花時期6月下旬7月中旬
  • 花言葉幸福が戻ってくる
  • 大きさ高さ15cm〜25cm

詳しく解説

花の色が鮮やかなので食べるには勇気がいる。
サワランを食べたことはないが、多分おいしくない。
数量 トキソウより少し多いが、全国的には減少傾向。
尾瀬の中では変化なし。トキソウよりもサワランのほうが目に付く。
お金 球根一つ500円くらい。育てるのはかなり難しい。
ランの類はどれも難しい。
生態系 湿原を好むが群生はしない。
尾瀬の湿原にポチポチと咲く。
自然界のつながり サワランもトキソウと同様に貴重。
遺伝子について 減少傾向にあり、人気のある花なので増やす努力が行われている。
人との関わり サワランは朝日のように美しいので見つけやすい。
エピソード 尾瀬の朝日とサワランの花の色。どちらが綺麗か比べてみる。
楽しみの提案 トキソウサワランの細かな違いを観察する
ユーモア 朝日の色よりはきつい色である。
知識 日本の特産属の種で、本州中部以北、北海道、南千島に分布し、高地の湿原のミズゴケの中に自生する。

紅紫色の花を茎の先に1個横向きにつける。花はあまり開かない。
見た目はツボミのように見える。

サワランはトキソウと時期も場所も似ているが、トキソウより濃い色。

名前の由来は沢沿いの湿地帯に産することから。
別名のアサヒランは紅紫色の派手な花色を朝日に見立てた。

サワラン  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る