ムラサキヤシオ(紫八染)

  • 分類ツツジ科    ツツジ属    多年草
  • 開花時期5月下旬6月下旬
  • 花言葉優美・貴婦人
  • 大きさ高さ100cm〜300cm

詳しく解説

ムラサキヤシオの蜜を吸うと甘い。
木や葉を食べる話は聞いたことがない。
数量 尾瀬でも現状維持。ムラサキヤシオは減っていない。
お金 ムラサキヤシオ自体はあまり販売されていない。
一鉢2000円ほどのよう。
生態系 半日のあたる樹林帯で紫色の花が人目を引く
自然界のつながり 落葉紅葉樹林帯の中で低木であり樹木のサイクルと同じつながりを持つ。
遺伝子について 環境により紫ではなく白になることもある。
ムラサキヤシオの名前がおかしくなってしまう。
人との関わり 樹林帯の中で目立ち、発見しやすい。
ムラサキヤシオの花の色は濃く、尾瀬の樹林帯で目を引く。
エピソード 花が美しいので食べる人もいるらしい。
楽しみの提案 ムラサキヤシオは、つぼみが淡い紫で美しい。
ユーモア 花が散ると、だれにも気づかれない木になる。
知識 ムラサキヤシオの名前の由来は、紫色の染料で八回も染めたような濃い色だとして名付けられた。

花の時期には葉がまだ開ききっていないので花がよく目立つ。
尾瀬の樹林帯でチラホラ見つけることができる。

ムラサキヤシオは湿り気の多いところを好む。
あまり目立ちたがり屋ではないようだ。

ムラサキヤシオ  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る