ウメバチソウ(梅鉢草)

  • 分類ユキノシタ科    ウメバチソウ属    多年草
  • 開花時期8月中旬9月中旬
  • 花言葉いじらしさ
  • 大きさ高さ20cm〜40cm

詳しく解説

ウメバチソウは食べることができるが、食べたいとは思わない。
数量 尾瀬では維持されていると思う。
お金 約1300円。
ウメバチソウ単体で植えると、弱ってしまう。
ススキやイグサと一緒に植えると良い。
生態系 ウメバチソウの開花時期は、8月から9月と珍しい時期である。
白くて綺麗な花が群生する。
自然界のつながり 夏の終わりに咲くことになにか理由があるはずだが、詳しくは分からない。
遺伝子について 綺麗な梅のような花は貴重だと思う。
人との関わり 家紋になっていた。菅原公は梅鉢の家紋。
エピソード 8月から9月に咲いている。尾瀬ガイドとしてはありがたい。
楽しみの提案 ウメバチソウの花だけではなく、ハート型の葉を観察する
ユーモア 梅の花を知らない人には解説できない。
知識 ウメバチソウの名前の由来は家紋から
「梅鉢」とは、紋所(家紋)のひとつ。
菅原道真や前田利家の家紋として有名で、湯島天神など天神社でよく見かける。

ウメバチソウは葉が1枚と花を1個つける。
葉の形はハート型で可愛らしい。
夏の終わりからからが見ごろ。

ウメバチソウ  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る