サンカヨウ(山荷葉)

  • 分類メギ科    サンカヨウ属    多年草
  • 開花時期5月下旬6月中旬
  • 花言葉幸せ
  • 大きさ高さ40cm〜50cm

詳しく解説

サンカヨウの実は甘く、買ってでも食べたい。
青色の大きな実で、食べごたえがある。
数量 尾瀬におけるサンカヨウは、減っていないようなだ。
お金 山野草ショップの定番。1000円くらい。
日があまり当たらないところで育てるのがポイント。
生態系 エンレイソウ同様、小さい範囲で群生し、うす暗い樹林帯では目立つ。
自然界のつながり イタチなどが、サンカヨウの実を食べているようだ。
遺伝子について 栽培して実を作り販売して欲しい。
サンカヨウの実は甘くて美味しい。
人との関わり 観賞用として。サンカヨウの花は大変美しい。
食用としては、実を食べる。
エピソード あまりにもおいしいので「毒」だと嘘を伝える人もいる。
楽しみの提案 ブルーベリーのような実を食べる。
ユーモア サンカヨウを使った、新しいスイーツを考える。
知識 サンカヨウには、大小2枚のハスのような葉がつく。
花は小さい葉につき、葉の上に乗っているように見える。
大きい葉には花がつかない。
花のあと、青紫色で白い粉を帯びた実をつける。食用になり甘い。
見た目はブルーベリーのような感じ。

サンカヨウ(山荷葉)とは山にあるハスの葉の意味。
葉がハスに似ていることによる。

尾瀬の森林内に見られる。
毎年決まったところに咲く。
花の時期はあまり長くなく、見頃に合わせるのは難しい。

サンカヨウ  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る