キヌガサソウ(衣笠草)

  • 分類ユリ科    キヌガサソウ属    多年草
  • 開花時期7月上旬7月下旬
  • 花言葉
  • 大きさ高さ30cm〜60cm

詳しく解説

食べられそうだが、おいしくはなさそう。
キヌガサソウを食べるとは聞かない。
数量 かなり希少で絶滅に向かっている。
尾瀬でもキヌガサソウの数は減っている。
お金 たまに売られている。3000円ほどと高価。
買っても育てられるかは不明。キヌガサソウは難しい。
生態系 数が少ないので、発見するのが難しい。
キヌガサソウは、多年草なので毎年同じ所に生える。
自然界のつながり 秋田県ではキヌガサソウは絶滅危惧種。
遺伝子について 非常に希少。
植物の細胞1つあたりのゲノム数が、世界で最大との報告を、イギリスのキュー王立植物園が発表。
なにがすごいことなのかは、分からないが・・・
人との関わり キヌガサソウは非常に美しい。
樹林の中に、大きく咲いているのでビックリする。
エピソード 大きさにビックリする。尾瀬でも最大クラスの花。
楽しみの提案 大群生を見つけてみたい。(尾瀬には群生はない)
ユーモア マニアックな人にはかなり人気がある。
知識 キヌガサソウの名前の由来。
放射状に広がった葉の形を衣笠に見立てて名づけられた。

花びらを残したまま実を結ぶ。
かなり変わった実の付け方。
特徴のある輪生する葉の上に大きめの一輪の花を咲かせる。
非常に印象的な植物。見るとビックリする。
葉はかなり大きめ(25cmくらい)
1株に1つの花しかつけない

キヌガサソウ  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る