オゼミズギク(尾瀬水菊)

  • 分類キク科    オグルマ属    多年草
  • 開花時期7月下旬9月上旬
  • 花言葉勤勉
  • 大きさ高さ30cm〜40cm

詳しく解説

多分食べれるが苦そうな気がする。
オゼミズギクは食用にはしない。
数量 減少なのか増加なのか年によって変化するので、はっきりとはわからない。
お金 ミズギクはかなり安い。300円ほどから販売されている。
オゼミズギクはあまり販売されていない。
生態系 ウメバチソウと同様に日当たりのいい湿原に咲く。
オゼミズギクは群生しない。
自然界のつながり オゼミズギクは夏の終わりから、秋にかけて咲く。
花には昆虫がよく集まっている。
遺伝子について 葉の裏に腺点と呼ばれる組織が多いのがオゼミズギク。
尾瀬以外にも東北地方に自生する。
人との関わり 花の少ない時期に咲くので、ウメバチソウと同様にガイドにとってはありがたい。
エピソード 「尾瀬」の名前がつく植物だが、見つけてもあまり感動しない。
楽しみの提案 ウメバチソウとオゼミズギクどちらが早く咲き、枯れるかを比較する。
ユーモア オゼミズギクをタンポポと勘違いしている人もいる。
知識 尾瀬だけでなく東北地方にも分布している。
尾瀬のみに生えるわけではない。

ニッコウキスゲが咲き終わった後に咲き始める。
あまりパッとしない。

ミズギクの変種で茎の中部以上の葉の裏に腺点が多い。
ミズギクは、九州と本州に分布し、山地の湿地に生える多年草。

オゼミズギク  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る