マイヅルソウ(舞鶴草)

  • 分類ユリ科    マイヅルソウ属    多年草
  • 開花時期6月中旬7月中旬
  • 花言葉清純な乙女の面影
  • 大きさ高さ5cm〜10cm

詳しく解説

食べられるかもしれないが山菜としては聞いたことがない。
マイヅルソウは、たぶんおいしくない。
数量 半分日があたる樹林帯にはたくさんある。
尾瀬においては減っていないと思われる。
お金 一株500円程度。
マイヅルソウの群落を作るのには、ある程度出費が必要。
生態系 マイヅルソウはゴゼンタチバナやミヤマカラマツと同じような、少し日の当たる樹林帯に生息している。
自然界のつながり マイヅルソウが生息していることで、おおよその気温や標高を知ることができる。
遺伝子について マイヅルソウはかなり群生するので、強い遺伝子だと思う。
人との関わり 愛好家がかなりいる。
産地によってマイヅルソウの葉のサイズが異る。
北に行くほど大きい。
屋久島産は葉が1cmくらいしかない。
エピソード 葉の模様が、鶴が羽を広げて舞っている姿。
名前が覚えやすい。
楽しみの提案 夏にかけて白い花が咲く。
まるで鶴のような美しさである。
ユーモア 経営不振の某航空会社のロゴマークに似ている。
知識 小さな白い花が一房にまとまって咲くので、大きな鉢で育てると立派なものになる。
丈夫なのでとても育てやすい。
全国に愛好家が多数。

名前の由来は、葉の模様から。
鶴が舞っているようなので、マイヅルソウの名前がついた。

マイヅルソウ  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る