ヒメイチゲ(姫一華)

  • 分類キンポウゲ科    イチリンソウ属    多年草
  • 開花時期5月下旬6月上旬
  • 花言葉あなたを守りたい
  • 大きさ高さ5cm〜10cm

詳しく解説

ヒメイチゲは小さすぎるので、食べるのにはかなりの量を必要とする。
数量 尾瀬においては維持されていると思う。
お金 ヒメイチゲはほとんど販売されていない。
生態系 春先に最も早く咲く。
あまり群生しない。ポツリポツリと咲く。
自然界のつながり 昆虫たちに花粉を提供しているので役に立っているはず。
ウサギなどの小動物もヒメイチゲを食べる。
遺伝子について タテヤマリンドウと同じように晴れた日に花が開き、曇ると開かない。
人との関わり ヒメイチゲは、高地の雪解けを告げる花である。
エピソード 目立たず他の植物に隠れて咲いているところがかわいらしい。
楽しみの提案 すごく小さいので発見する楽しさがある。
ユーモア あまり目立たない花だがマニアックな人にはかなり人気がある。
知識 ヒメイチゲの名前の由来。
「一華」はイチリンソウ属の花のことを指す。
イチリンソウ属の中でも小さくて繊細な容姿から「姫」がついた。

近畿地方以北に分布し、針葉樹林や林縁、湿った草地などに生育する。
要は比較的寒い森の中に生える。
ヒメイチゲは群生はしないのですごく繊細に見える。

ヒメイチゲ  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る