ハクサンコザクラ(白山小桜)

  • 分類サクラソウ科    サクラソウ属    多年草
  • 開花時期7月上旬8月中旬
  • 花言葉
  • 大きさ高さ10cm〜15cm

詳しく解説

ハクサンコザクラを食べたことがない。
数量 希少だがデータがない。
ほぼ現状維持のような気がする。
お金 高山植物で、ハクサンコザクラはあまり販売していない。
生態系 ユキワリソウは岩場に多いがハクサンコザクラは草地に多い。
自然界のつながり 美しくてかわいいので、尾瀬で登山者を楽しませてくれる。
遺伝子について ユキワリソウの親戚。
人との関わり ハクサンコザクラは、厳しい条件で生きているので勇気を与えてくれる。
エピソード よくユキワリソウと間違える。
楽しみの提案 人の命と環境について考えよう。
ユーモア ユキワリソウとの違いをじっくり観察する。
知識 基本はピンクだがまれに白い花の個体も見られる。
会津駒ケ岳に見事な群落がある。
ハクサンコザクラを見たい方は、ぜひ会津駒ケ岳に登って欲しい。
至仏山でも見ることができるが、会津駒ケ岳がオススメ。

ハクサンコザクラの名前は、白山で発見されたことによる。
白山(ハクサン)の名前がつく植物は他にも多い。
ハクサンフウロ・ハクサンチドリ・ハクサンシャクナゲなど。

ハクサンコザクラ  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る