ジョウシュウアズマギク(上州東菊)

  • 分類キク科    ムカシヨモギ属    多年草
  • 開花時期6月下旬7月下旬
  • 花言葉
  • 大きさ高さ10cm〜15cm

詳しく解説

ジョウシュウアズマギクが食べられるかは分からない。
数量 ジョウシュウアズマギクは至仏山でポチポチと見かける。
お金 おそらくあまり販売されていない。
アズマギクは500円ほどで販売されている。
生態系 もともとは至仏山にはなく、他のエリアから入り込んだ植物。
ジョウシュウアズマギクは、蛇紋岩の条件に適応し変形した植物のひとつ。
自然界のつながり 鳥が食べたような跡を見かけることがる。
遺伝子について ジョウシュウアズマギクは蛇紋岩変形植物であり、変化対応できる遺伝子である。
人との関わり 疲れた登山者に元気を与えてくれる。
エピソード 高山植物の中では比較的大きい。
楽しみの提案 かなり目立つので探すのは容易である。
ユーモア エゾウサギギクと比べてみる。
知識 本州、谷川岳・朝日岳・尾瀬至仏山の蛇紋岩の崩壊地だけに生える。
どこにでも有りそうで、ジョウシュウアズマギクの生息範囲は狭い。

尾瀬にあるのはほぼピンク色だが、まれに白花をつけることも。
かなり珍しいので見つけたら、幸せになれるかも。
四つ葉のクローバーを見つけるより難しい。

ジョウシュウアズマギクはミヤマアズマギクの変種。
ミヤマアズマギクはアズマギクの亜種。
ほとんど変わらないものを細かく分類している。
植物学者は、間違い探しの天才だと思う。

ジョウシュウアズマギク  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る