タカネナデシコ(高嶺撫子)

  • 分類ナデシコ科    ナデシコ属    多年草
  • 開花時期7月下旬8月中旬
  • 花言葉純愛・無邪気
  • 大きさ高さ30cm〜40cm

詳しく解説

周りに食べた人がいない。
数量 データがあまりないので何とも言えない。
尾瀬のタカネナデシコは維持されていると思う。
お金 あまり売られているのは見ないが高いと思う。
生態系 蛇紋岩を好みやや群生する。
自然界のつながり 岩場をカラフルにしてくれている。
遺伝子について 低地に生息するカワラナデシコの変種とされている。
人との関わり 低地に同じ仲間のナデシコが存在する。
エピソード 高地に生えるナデシコのほうが珍重される。
楽しみの提案 至仏山にはやや群生するので個体差を観察してみよう。
ユーモア 自分の周りのナデシコを観察してみよう。
知識 タカネナデシコの名前の由来は「嶺」は高山を指し、撫子とは花が愛らしいので慈しむ意味からきている。
タカネナデシコはカワラナデシコの高山型の変種。
北海道と本州中部以北の高山の岩場などに広く分布する。

日本が原産のイメージがあるが、基準標本はドイツ。
ちょっと意外な感じがする。
なでしこジャパンのイメージが変わってしまう。

タカネナデシコ  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る