タカネシオガマ(高嶺塩竃)

  • 分類ゴマノハグサ科    シオガマギク属    一年草
  • 開花時期6月下旬7月下旬
  • 花言葉
  • 大きさ高さ15cm〜20cm

詳しく解説

タカネシオガマを食べようとは思わない。
数量 尾瀬では現状を維持している。
お金 タカネシオガマは見たことがない。
生態系 尾瀬においては、至仏山の岩場にかなり目立って咲いている。
高山植物には珍しい一年草。
自然界のつながり タカネシオガマの花はかなり立派。
昆虫がよく集まっている。
遺伝子について ヨツバシオガマや、ミヤマシオガマと親戚関係。
人との関わり 高山で艶やかな姿で、見るものを楽しませている。
エピソード ヨツバシオガマと比べ背が低い
楽しみの提案 ヨツバシオガマと共生することが多いので比べてみよう。
ユーモア タカネシオガマで染物をしたら、いい色が出そうな気がする。
知識 タカネシオガマは本州の中部地方から北海道の高山帯に分布する。
砂礫地や草地に生える。
標高の高い、荒れた場所が好きみたい。
たくましい花である。

茎の上に唇形の花を10個ほどつける。
色は濃いピンク。
花が集まっているので、かなりの見ごたえあり。
尾瀬で一番豪華な花だと思っている。

タカネシオガマの名前の由来。
シオガマ(塩竈)は海で塩をとる釜からとったとのこと。
ただ、海の塩竈を見たことがないから、さっぱりイメージが湧かない。

タカネシオガマ  生息場所

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る