尾瀬が一番い時期はいつですか?

一般的な尾瀬のいい時期(混みあうピークシーズン)は3回あります。
6月初旬水芭蕉7月中旬ニッコウキスゲ9月下旬の草紅葉。
どの時期に行っても尾瀬にハズレはありません。
尾瀬に初めて行く方は、春のミズバショウの時期をオススメします。
雪の残る尾瀬では、生命の始まりを感じることができます。
春の尾瀬を知る事で、夏のニッコウキスゲや、秋の草紅葉がさらに楽しめます。

春の尾瀬(6月初旬)

水芭蕉の尾瀬
湿原を埋め尽くす水芭蕉は見事です。可憐な水芭蕉が咲き乱れます。
雪の残る尾瀬で、生命の息吹を感じて下さい。
尾瀬ヶ原と尾瀬沼では開花時期が10日ほどズレます。(尾瀬沼が遅い)
年によって開花時期がズレますので、開花情報をチェックしましょう。
土日は大変混雑します。木道が大名行列状態になります。
人ごみが嫌いの方は。平日に行くようにしましょう。

夏の時期(7月中旬)

ニッコウキスゲ
夏の尾瀬はニッコウキスゲで埋め尽くされます。
まるで黄色絨毯のようで、夏の訪れを告げてくれます。
ニッコウキスゲは一日花なので、ピークを合わせるのが難しいです。
2012年度は、尾瀬ヶ原のニッコウキスゲは鹿の食害でほとんど見ることができませんでした。 また、当たり年はあまりないのも残念なところです。

秋の尾瀬(9月下旬)

草紅葉
秋は草紅葉。湿原を黄金色に染めます。
秋の空はとても高く、開放的な尾瀬を満喫できることでしょう。
秋は晴れの日が多いのもいいですね。
年によって時期がかなりズレます。行く前に様子を調べましょう。
熊沢田代の草紅葉は本当に最高ですよ!!

アドバイス

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る