植物を研究する方法

尾瀬には約現在、確認せれているだけで900種の植物が自生しています。
これは全国的に見てもかなり植生が豊かな状態です。
お花好きにはたまらない尾瀬で、草花を調べてみませんか?
研究目的にも、尾瀬はピッタリです。

研究する7つの方法

  1. 優秀な尾瀬認定ガイドを頼む。
    ガイドが植物を発見し、研究する情報と知識を提供してくれます。
    尾瀬の植生を調べるときにはピッタリです。
  2. テーマを設定する。
    尾瀬には様々な草木があります。
    高山植物・湿原植物・山野草・在来種・外来種などテーマを決めましょう。
  3. 一般のハイカーに迷惑をかけない。
    木道の通行をさえぎったり、植物を採集したりしないようにしよう。
    尾瀬のルールとマナーは守って下さい。
  4. 自然を破壊しない。
    研究目的の採取やサンプリング、調査の移動は厳禁です。
    環境省の許可がある場合はこの限りではありません。
  5. 尾瀬には少人数で。
    混雑している尾瀬では、大人数は不便です。
    また、他の人に迷惑をかけてしまうことも多くなります。
  6. ビジターセンターを活用。
    データをとったり、調査・研究もビジターセンターの仕事の範囲です。
    尾瀬に来た際はぜひ声をかけてください。
  7. 県の職員に電話。
    環境保全課やレットデータ担当が親切に教えてくれます。
    なかなか担当まで辿りつけないのが難しいところです。

知識のポイント

ガイドからのアドバイス

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る