生物多様性について知る方法

尾瀬には大変豊かな植生、様々な動物や昆虫が暮らしています。
尾瀬のように様々な生き物から成り立っている、生態系を生物多様性と言います。
尾瀬はまさに勉強をするのにピッタリな環境です。
尾瀬を訪れ、生物多様性に興味をもって下さい。

生物多様性について知る7つの方法

  1. 能力のある尾瀬認定ガイドを雇いましょう。
    ガイドは、尾瀬の生態系と人とのつながりを解説します。
    人間とのつながりまでを抑えることで、理解が深まります。
  2. 情報収集
    生物多様性についてを調べましょう。
    一言で説明するのは難しく、なかなか理解しづらい概念だからです。
  3. 実際に尾瀬で観察。
    生物多様性を知るためには、尾瀬で観察しなければなりません。
    尾瀬の環境や雰囲気、生態系を比較し認識しましょう。
  4. 図鑑には載っていない。
    図鑑にわかりやすく載っているわけではありません。
    図鑑では、植物の生物学的な種類や知識しか掲載されていません。
  5. 人間とのつながりを考える。
    人間につながる情報こそに意味があります。
    例えば食用となるか、薬として利用できるなど。生活に繋げて考えましょう。
  6. 人の役立つかを考える。
    人間が得する情報や知識でなくては意味がありません。
    例えば、何の材料や原料になるか、何の成分が含まれているかなどです。
  7. オススメサイト
    少々長いですが、わかりやすいページです。(外部サイトになります。)
    帝京大学薬学部附属薬用植物園  木下武司さんのホームページになります。

知識のポイント

尾瀬認定ガイドからのアドバイス

←前のページ  次のページ→
▲ページトップに戻る